万葉集 第12巻 3045番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3045番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3045番歌

第12巻
歌番号 3045番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 朝<霜>乃 可消耳也 時無二 思将度 氣之緒尓為而
訓読 朝霜の消ぬべくのみや時なしに思ひわたらむ息の緒にして
かな あさしもの けぬべくのみや ときなしに おもひわたらむ いきのをにして
英語(ローマ字) ASASHIMONO KENUBEKUNOMIYA TOKINASHINI OMOHIWATARAMU IKINOWONISHITE
朝霜はたやすく消えていくが、そのようにはかなく消えてゆくのみだろうかこの恋は。時を定めず恋い続けるだろう細々と。
左注
校異 露 霜 [西(訂正貼紙][元][類][紀]
用語 枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました