万葉集 第5巻 801番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第5巻801番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第5巻 801番歌

第5巻
歌番号801番歌
作者作者不詳
題詞(令反<或>情歌一首[并序] / 或有人 知敬父母忘於侍養 不顧妻子軽於脱l 自称<倍>俗先生 意氣雖揚青雲之上 身體猶在塵俗之中 未驗修行得道之聖 蓋是亡命山澤之民 所以指示三綱更開五教 遣之以歌令反其<或> 歌曰)反歌
原文比佐迦多能 阿麻遅波等保斯 奈保<々々>尓 伊弊尓可弊利提 奈利乎斯麻佐尓
訓読ひさかたの天道は遠しなほなほに家に帰りて業を為まさに
かなひさかたの あまぢはとほし なほなほに いへにかへりて なりをしまさに
英語(ローマ字)HISAKATANO AMADIHATOHOSHI NAHONAHONI IHENIKAHERITE NARIWOSHIMASANI
天国への道は遠い。すなおに家にお帰りになって(お子さんの面倒等)家事にいそしんで下さい。
左注(神龜五年七月廿一日於嘉摩郡撰定 筑前國守山上憶良)
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 奈保 々々 [類][紀][細]
用語作者:山上憶良、国司、逃亡民、儒教、教喩、道教、福岡、枕詞、地名、神亀5年7月21日、年紀
タイトルとURLをコピーしました