万葉集 第5巻 802番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第5巻802番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第5巻 802番歌

第5巻
歌番号 802番歌
作者 作者不詳
題詞 思子等歌一首[并序] / 釋迦如来金口正説 等思衆生如羅m羅 又説 愛無過子 至極大聖尚有愛子之心 況乎世間蒼生誰不愛子乎
原文 宇利<波><米婆> 胡藤母意母保由 久利波米婆 麻斯提斯農波由 伊豆久欲利 枳多利斯物能曽 麻奈迦比尓 母等奈可可利提 夜周伊斯奈佐農
訓読 瓜食めば 子ども思ほゆ 栗食めば まして偲はゆ いづくより 来りしものぞ まなかひに もとなかかりて 安寐し寝なさぬ
かな うりはめば こどもおもほゆ くりはめば ましてしぬはゆ いづくより きたりしものぞ まなかひに もとなかかりて やすいしなさぬ
英語(ローマ字) URIHAMEBA KODOMOOMOHOYU KURIHAMEBA MASHITESHINUHAYU IDUKUYORI KITARISHIMONOZO MANAKAHINI MOTONAKAKARITE YASUISHINASANU
(我が子が)ウリを食べていると可愛らしく、栗を食べているといっそう可愛く、子供というのはどこからやってきたのだろう。まのあたりにちらついてしきりに思い出され、安心して眠られない。
左注 (神龜五年七月廿一日於嘉摩郡撰定 筑前國守山上憶良)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 婆 波 [紀][細][温] / <> 米婆[西(右書)][紀][細]
用語 作者:山上憶良、愛子、仏教、福岡、子供、植物、神亀5年7月21日、年紀、地名
タイトルとURLをコピーしました