万葉集 第5巻 803番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第5巻803番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第5巻 803番歌

第5巻
歌番号803番歌
作者作者不詳
題詞(思子等歌一首[并序] / 釋迦如来金口正説 等思衆生如羅m羅 又説 愛無過子 至極大聖尚有愛子之心 況乎世間蒼生誰不愛子乎)反歌
原文銀母 金母玉母 奈尓世武尓 麻佐礼留多可良 古尓斯迦米夜母
訓読銀も金も玉も何せむにまされる宝子にしかめやも
かなしろかねも くがねもたまも なにせむに まされるたから こにしかめやも
英語(ローマ字)SHIROKANEMO KUGANEMOTAMAMO NANISEMUNI MASARERUTAKARA KONISHIKAMEYAMO
銀も金も真珠もどうして子にまさる宝はあるだろうか。
左注(神龜五年七月廿一日於嘉摩郡撰定 筑前國守山上憶良)
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語作者:山上憶良、愛子、仏教、福岡、子供、神亀5年7月21日、年紀、地名
タイトルとURLをコピーしました