神社老麻呂が書いた万葉集

神社老麻呂が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 2 首

歌番号本歌
第6巻976番歌難波潟潮干のなごりよく見てむ家なる妹が待ち問はむため
第6巻977番歌直越のこの道にしておしてるや難波の海と名付けけらしも
タイトルとURLをコピーしました