万葉集 第20巻 4509番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4509番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4509番歌

第20巻
歌番号 4509番歌
作者 大伴家持
題詞 (二月於式部大輔中臣清麻呂朝臣之宅宴歌十<五>首)(依興各思高圓離宮處作歌五首)
原文 波布久受能 多要受之努波牟 於保吉美<乃> 賣之思野邊尓波 之米由布倍之母
訓読 延ふ葛の絶えず偲はむ大君の見しし野辺には標結ふべしも
かな はふくずの たえずしのはむ おほきみの めししのへには しめゆふべしも
英語(ローマ字) HAFUKUZUNO TAEZUSHINOHAMU OHOKIMINO MESHISHINOHENIHA SHIMEYUFUBESHIMO
延びていく葛の蔓のように絶えることなく大君を偲ぼう。大君がご覧になった野辺には縄を張り巡らせて印しとすべきだろう。
左注 右一首右中辨大伴宿祢家持
校異 能 乃 [元][類]
用語 天平宝字2年2月、年紀、作者:大伴家持、宴席、中臣清麻呂、依興、高円、離宮、宮廷、懐古、枕詞、植物、聖武天皇
タイトルとURLをコピーしました