万葉集 第20巻 4510番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4510番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4510番歌

第20巻
歌番号 4510番歌
作者 甘南備伊香
題詞 (二月於式部大輔中臣清麻呂朝臣之宅宴歌十<五>首)(依興各思高圓離宮處作歌五首)
原文 於保吉美乃 都藝弖賣須良之 多加麻刀能 努敝美流其等尓 祢能未之奈加由
訓読 大君の継ぎて見すらし高圓の野辺見るごとに音のみし泣かゆ
かな おほきみの つぎてめすらし たかまとの のへみるごとに ねのみしなかゆ
英語(ローマ字) OHOKIMINO TSUGITEMESURASHI TAKAMATONO NOHEMIRUGOTONI NENOMISHINAKAYU
大君が今も続いてご覧になっていらっしゃるに相違ない、高円の野辺を見るたびに泣けてきてしまう。
左注 右一首大蔵大輔甘南備伊香真人
校異
用語 天平宝字2年2月、年紀、作者:甘南備伊香、宴席、中臣清麻呂、依興、高円、離宮、宮廷、懐古、地名、聖武天皇、悲嘆
タイトルとURLをコピーしました