万葉集 第20巻 4435番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4435番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4435番歌

第20巻
歌番号 4435番歌
作者 大伴家持
題詞 (三月三日檢校防人 勅使并兵部使人等同集飲宴作歌三首)
原文 布敷賣里之 波奈乃波自米尓 許之和礼夜 知里奈牟能知尓 美夜古敝由可無
訓読 ふふめりし花の初めに来し我れや散りなむ後に都へ行かむ
かな ふふめりし はなのはじめに こしわれや ちりなむのちに みやこへゆかむ
英語(ローマ字) FUFUMERISHI HANANOHAJIMENI KOSHIWAREYA CHIRINAMUNOCHINI MIYAKOHEYUKAMU
桜がまだつぼみだった頃に(難波に)やってきた私どもは、桜が散った後に都に帰ることになろうか。
左注 右二首兵部使少輔大伴宿祢家持
校異 使 [西(朱筆消去)][元][紀]
用語 天平勝宝7年3月3日、年紀、作者:大伴家持、望郷、防人検校、宴席、大阪
タイトルとURLをコピーしました