万葉集 第20巻 4436番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4436番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4436番歌

第20巻
歌番号4436番歌
作者作者不詳
題詞昔年相替防人歌一首
原文夜未乃欲能 由久左伎之良受 由久和礼乎 伊都伎麻<佐>牟等 登比之古良波母
訓読闇の夜の行く先知らず行く我れをいつ来まさむと問ひし子らはも
かなやみのよの ゆくさきしらず ゆくわれを いつきまさむと とひしこらはも
英語(ローマ字)YAMINOYONO YUKUSAKISHIRAZU YUKUWAREWO ITSUKIMASAMUTO TOHISHIKORAHAMO
闇夜を行くようなもので、どこに行くのか分からないおいらなのに、今度はいつおいでになりますの、とあの子は言ったよな。
左注(右件四首上総國大<掾>正六位上大原真人今城傳誦云尓 [年月未詳])
校異左 佐 [元][類]
用語防人歌、古歌、伝誦、恋情、出発、大原今城
タイトルとURLをコピーしました