万葉集 第20巻 4374番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4374番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4374番歌

第20巻
歌番号 4374番歌
作者 大田部荒耳
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)
原文 阿米都知乃 可美乎伊乃里弖 佐都夜奴伎 都久之乃之麻乎 佐之弖伊久和例波
訓読 天地の神を祈りて猟矢貫き筑紫の島を指して行く我れは
かな あめつちの かみをいのりて さつやぬき つくしのしまを さしていくわれは
英語(ローマ字) AMETSUCHINO KAMIWOINORITE SATSUYANUKI TSUKUSHINOSHIMAWO SASHITEIKUWAREHA
天地の神々に祈りを捧げ、さつ矢を貫いて筑紫の島を指して進む、私は。
左注 右一首火長大田部荒耳 ( / 二月十四日下野國防人部領使正六位上田口朝臣大戸進歌數十八首 但拙劣歌者不取載之)
校異 伊 [元] 由
用語 天平勝宝7年2月14日、年紀、作者:大田部荒耳、防人歌、地名、壮行、出発、羈旅、栃木、田口大戸
タイトルとURLをコピーしました