万葉集 第20巻 4472番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4472番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4472番歌

第20巻
歌番号 4472番歌
作者 安宿奈杼麻呂
題詞 八日讃岐守安宿王等集於出雲掾安宿奈杼麻呂之家宴歌二首
原文 於保吉美乃 美許登加之古美 於保乃宇良乎 曽我比尓美都々 美也古敝能保流
訓読 大君の命畏み於保の浦をそがひに見つつ都へ上る
かな おほきみの みことかしこみ おほのうらを そがひにみつつ みやこへのぼる
英語(ローマ字) OHOKIMINO MIKOTOKASHIKOMI OHONOURAWO SOGAHINIMITSUTSU MIYAKOHENOBORU
大君のご命令を恐れつつしみ、於保の浦を背後に見ながら上京する。
左注 右掾安宿奈杼麻呂
校異
用語 天平勝宝8年11月8日、年紀、作者:安宿奈杼麻呂、宴席、出発、安宿王、地名、島根、意宇浦、羈旅、餞別
タイトルとURLをコピーしました