万葉集 第20巻 4471番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4471番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4471番歌

第20巻
歌番号 4471番歌
作者 大伴家持
題詞 冬十一月五日夜小雷起鳴雪落覆庭忽懐<感>憐聊作短歌一首
原文 氣能己里能 由伎尓安倍弖流 安之比奇<乃> 夜麻多知波奈乎 都刀尓通弥許奈
訓読 消残りの雪にあへ照るあしひきの山橘をつとに摘み来な
かな けのこりの ゆきにあへてる あしひきの やまたちばなを つとにつみこな
英語(ローマ字) KENOKORINO YUKINIAHETERU ASHIHIKINO YAMATACHIBANAWO TSUTONITSUMIKONA
消え残った雪と黄色い山橘の実が照り映えあって輝いている。山橘の実を手みやげにすべく摘みに出かけようか。
左注 右一首兵部少輔大伴宿祢家持
校異 盛 感 [西(朱訂正)][元][紀][細] / 之 乃 [元][類] / 波 [元] 婆
用語 天平勝宝8年11月5日、年紀、作者:大伴家持、植物
タイトルとURLをコピーしました