万葉集 第20巻 4326番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4326番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4326番歌

第20巻
歌番号 4326番歌
作者 生玉部足國
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)
原文 父母我 等能々志利弊乃 母々余具佐 母々与伊弖麻勢 和我伎多流麻弖
訓読 父母が殿の後方のももよ草百代いでませ我が来るまで
かな ちちははが とののしりへの ももよぐさ ももよいでませ わがきたるまで
英語(ローマ字) CHICHIHAHAGA TONONOSHIRIHENO MOMOYOGUSA MOMOYOIDEMASE WAGAKITARUMADE
父母が住んでいらっしゃる家の裏手のももよ草の名のごとく、どうか末永く生きていて下さい、この私が戻ってくるまで。
左注 右一首同郡生玉部足國 ( / 二月六日防人部領使遠江國史生坂本朝臣人上進歌數十八首 但有拙劣歌十一首不取載之)
校異
用語 天平勝宝7年2月6日、年紀、作者:生玉部足國、防人歌、静岡、坂本人上、恋情、植物、序詞、望郷
タイトルとURLをコピーしました