万葉集 第20巻 4327番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4327番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4327番歌

第20巻
歌番号4327番歌
作者物部古麻呂
題詞(天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)
原文和我都麻母 畫尓可伎等良無 伊豆麻母加 多<妣>由久阿礼<波> 美都々志努波牟
訓読我が妻も絵に描き取らむ暇もが旅行く我れは見つつ偲はむ
かなわがつまも ゑにかきとらむ いつまもが たびゆくあれは みつつしのはむ
英語(ローマ字)WAGATSUMAMO ゑNIKAKITORAMU ITSUMAMOGA TABIYUKUAREHA MITSUTSUSHINOHAMU
我が妻を絵に描きとる暇があったらなあ、旅を行くときその絵を見ながら妻をしのぶことが出来るのに。
左注右一首長下郡物部古麻呂 / 二月六日防人部領使遠江國史生坂本朝臣人上進歌數十八首 但有拙劣歌十一首不取載之
校異比 妣 [元] / 婆 波 [類][紀][細]
用語天平勝宝7年2月6日、年紀、作者:物部古麻呂、防人歌、静岡、坂本人上、望郷、恋情
タイトルとURLをコピーしました