万葉集 第20巻 4467番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4467番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4467番歌

第20巻
歌番号 4467番歌
作者 大伴家持
題詞 (喩族歌一首[并短歌])
原文 都流藝多知 伊与餘刀具倍之 伊尓之敝由 佐夜氣久於比弖 伎尓之曽乃名曽
訓読 剣太刀いよよ磨ぐべし古ゆさやけく負ひて来にしその名ぞ
かな つるぎたち いよよとぐべし いにしへゆ さやけくおひて きにしそのなぞ
英語(ローマ字) TSURUGITACHI IYOYOTOGUBESHI INISHIHEYU SAYAKEKUOHITE KINISHISONONAZO
剣太刀をいよいよ心して磨ぐべし。いにしえの昔から、汚れなく清らかな氏として背負ってきた、その由緒ある名なのだから。
左注 右縁淡海真人三船讒言出雲守大伴古慈斐宿祢解任 是以家持作此歌也 (以前歌六首六月十七日大伴宿祢家持作)
校異
用語 天平勝宝8年6月17日、年紀、作者:大伴家持、氏族意識、説教、大伴古慈悲、淡海三船
タイトルとURLをコピーしました