万葉集 第20巻 4304番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4304番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4304番歌

第20巻
歌番号 4304番歌
作者 大伴家持
題詞 同月廿五日左大臣橘卿宴于山田御母之宅歌一首
原文 夜麻夫伎乃 花能左香利尓 可久乃其等 伎美乎見麻久波 知登世尓母我母
訓読 山吹の花の盛りにかくのごと君を見まくは千年にもがも
かな やまぶきの はなのさかりに かくのごと きみをみまくは ちとせにもがも
英語(ローマ字) YAMABUKINO HANANOSAKARINI KAKUNOGOTO KIMIWOMIMAKUHA CHITOSENIMOGAMO
山吹の花のさかりのような、こんなわが君を千年の先々まで見とうございます。
左注 右一首少納言大伴宿祢家持矚時花作 但未出之間大臣罷宴而不<擧>誦耳
校異 攀 擧 [温][矢][京]
用語 天平勝宝6年3月25日、年紀、作者:大伴家持、宴席、橘諸兄、山田比売島、植物、賀歌、寿歌、主人讃美、属目、不誦
タイトルとURLをコピーしました