万葉集 第20巻 4298番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4298番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4298番歌

第20巻
歌番号 4298番歌
作者 大伴千室
題詞 六年正月四日氏人等賀集于少納言大伴宿祢家持之宅宴飲歌三首
原文 霜上尓 安良礼多<婆>之里 伊夜麻之尓 安礼<波>麻為許牟 年緒奈我久 [古今未詳]
訓読 霜の上に霰た走りいやましに我れは参ゐ来む年の緒長く [古今未詳]
かな しものうへに あられたばしり いやましに あれはまゐこむ としのをながく
英語(ローマ字) SHIMONOUHENI ARARETABASHIRI IYAMASHINI AREHAMAゐKOMU TOSHINOWONAGAKU
霜が降りている上にあられが飛び散っているように、これまで以上に私はますますしげしげとやって参りましょう、末永く。
左注 右一首左兵衛督大伴宿祢千室
校異 波 婆 [元][類][紀] / 婆 波 [元][類]
用語 天平勝宝6年1月4日、年紀、作者:大伴千室、賀歌、寿歌、大伴家持、宴席、古歌、伝誦
タイトルとURLをコピーしました