万葉集 第20巻 4378番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4378番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4378番歌

第20巻
歌番号 4378番歌
作者 中臣部足國
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)
原文 都久比夜波 須具波由氣等毛 阿母志々可 多麻乃須我多波 和須例西奈布母
訓読 月日やは過ぐは行けども母父が玉の姿は忘れせなふも
かな つくひやは すぐはゆけども あもししが たまのすがたは わすれせなふも
英語(ローマ字) TSUKUHIYAHA SUGUHAYUKEDOMO AMOSHISHIGA TAMANOSUGATAHA WASURESENAFUMO
月日は過ぎて行くけれど、母さん、父さんの玉のようなお姿は忘れようがありません。
左注 右一首都賀郡上丁中臣部足國 ( / 二月十四日下野國防人部領使正六位上田口朝臣大戸進歌數十八首 但拙劣歌者不取載之)
校異
用語 天平勝宝7年2月14日、年紀、作者:中臣部足國、防人歌、恋情、望郷、栃木、田口大戸
タイトルとURLをコピーしました