万葉集 第20巻 4377番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4377番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4377番歌

第20巻
歌番号 4377番歌
作者 津守小黒栖
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)
原文 阿母刀自母 多麻尓母賀母夜 伊多太伎弖 美都良乃奈可尓 阿敝麻可麻久母
訓読 母刀自も玉にもがもや戴きてみづらの中に合へ巻かまくも
かな あもとじも たまにもがもや いただきて みづらのなかに あへまかまくも
英語(ローマ字) AMOTOJIMO TAMANIMOGAMOYA ITADAKITE MIDURANONAKANI AHEMAKAMAKUMO
母上がもしも玉であってくれたら、おしいただいてみづら髪に一緒に巻き込むんだけど。
左注 右一首津守宿祢小黒栖 ( / 二月十四日下野國防人部領使正六位上田口朝臣大戸進歌數十八首 但拙劣歌者不取載之)
校異
用語 天平勝宝7年2月14日、年紀、作者:津守小黒栖、防人歌、栃木、田口大戸、恋情
タイトルとURLをコピーしました