万葉集 第20巻 4491番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4491番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4491番歌

第20巻
歌番号 4491番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 於保吉宇美能 美奈曽己布可久 於毛比都々 毛婢伎奈良之思 須我波良能佐刀
訓読 大き海の水底深く思ひつつ裳引き平しし菅原の里
かな おほきうみの みなそこふかく おもひつつ もびきならしし すがはらのさと
英語(ローマ字) OHOKIUMINO MINASOKOFUKAKU OMOHITSUTSU MOBIKINARASHISHI SUGAHARANOSATO
大海の海底のように深く思いをこめながら、裳裾を引いて廷内を歩いたものでした。
左注 右一首藤原宿奈麻呂朝臣之妻石川女郎薄愛離別悲恨作歌也 [年月未詳]
校異
用語 作者:藤原宿奈麻呂妻:石川女郎、藤原宿麻呂、悲嘆、怨恨、離別、地名、奈良、古歌、伝誦、転用、宴席
タイトルとURLをコピーしました