万葉集 第20巻 4492番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4492番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4492番歌

第20巻
歌番号 4492番歌
作者 大伴家持
題詞 廿三日於治部少輔大原今城真人之宅宴歌一首
原文 都奇餘米婆 伊麻太冬奈里 之可須我尓 霞多奈婢久 波流多知奴等可
訓読 月数めばいまだ冬なりしかすがに霞たなびく春立ちぬとか
かな つきよめば いまだふゆなり しかすがに かすみたなびく はるたちぬとか
英語(ローマ字) TSUKIYOMEBA IMADAFUYUNARI SHIKASUGANI KASUMITANABIKU HARUTACHINUTOKA
暦の上では依然として冬なのだが、そうは言うものの霞がたなびき、やはり春がやってきたのだろうか。
左注 右一首右中辨大伴宿祢家持作
校異 歌 [西] 謌
用語 天平宝字1年12月23日、年紀、作者:大伴家持、宴席、大原今城
タイトルとURLをコピーしました