万葉集 第20巻 4493番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4493番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4493番歌

第20巻
歌番号 4493番歌
作者 大伴家持
題詞 二年正月三日召侍従竪子王臣等令侍於内裏之東屋垣下即賜玉箒肆宴 于時内相藤原朝臣奉勅宣 諸王卿等随堪任意作歌并賦詩 仍應詔旨各陳心緒作歌賦詩 [未得諸人之賦詩并作歌也]
原文 始春乃 波都祢乃家布能 多麻婆波伎 手尓等流可良尓 由良久多麻能乎
訓読 初春の初子の今日の玉箒手に取るからに揺らく玉の緒
かな はつはるの はつねのけふの たまばはき てにとるからに ゆらくたまのを
英語(ローマ字) HATSUHARUNO HATSUNENOKEFUNO TAMABAHAKI TENITORUKARANI YURAKUTAMANOWO
新春になって初めての子の日の今日、玉箒を手にとると玉の緒が揺らいだ。
左注 右一首右中辨大伴宿祢家持作 但依大蔵政不堪奏之也
校異 之也 [元][細](塙) 之
用語 天平宝字2年1月3日、年紀、作者:大伴家持、未奏、宮廷、肆宴、宴席、藤原仲麻呂、寿歌、宮廷讃美
タイトルとURLをコピーしました