万葉集 第20巻 4462番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4462番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4462番歌

第20巻
歌番号 4462番歌
作者 大伴家持
題詞
原文 布奈藝保布 保利江乃可波乃 美奈伎波尓 伎為都々奈久波 美夜故杼里香蒙
訓読 舟競ふ堀江の川の水際に来居つつ鳴くは都鳥かも
かな ふなぎほふ ほりえのかはの みなきはに きゐつつなくは みやこどりかも
英語(ローマ字) FUNAGIHOFU HORIENOKAHANO MINAKIHANI KIゐTSUTSUNAKUHA MIYAKODORIKAMO
競うように舟が行き交う堀江の水際にやって来て鳴いているのはユリカモメだろうか。
左注 右三首江邊作之
校異
用語 天平勝宝8年2月24日、年紀、作者:大伴家持、動物、地名、大阪、難波、叙景
タイトルとURLをコピーしました