万葉集 第20巻 4503番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4503番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4503番歌

第20巻
歌番号4503番歌
作者大伴家持
題詞(二月於式部大輔中臣清麻呂朝臣之宅宴歌十<五>首)
原文伎美我伊敝能 伊氣乃之良奈美 伊蘇尓与世 之婆之婆美等母 安加無伎弥加毛
訓読君が家の池の白波礒に寄せしばしば見とも飽かむ君かも
かなきみがいへの いけのしらなみ いそによせ しばしばみとも あかむきみかも
英語(ローマ字)KIMIGAIHENO IKENOSHIRANAMI ISONIYOSE SHIBASHIBAMITOMO AKAMUKIMIKAMO
あなた様の家の庭の池に白波が寄せていますが、磯の白波のように、繰り返し、見ていても、飽きがきません。そんな磯のようなあなた様です。
左注右一首右中辨大伴宿祢家持
校異
用語天平宝字2年2月、年紀、作者:大伴家持、宴席、中臣清麻呂、主人讃美、恋愛
タイトルとURLをコピーしました