万葉集 第20巻 4502番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4502番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4502番歌

第20巻
歌番号 4502番歌
作者 甘南備伊香
題詞 (二月於式部大輔中臣清麻呂朝臣之宅宴歌十<五>首)
原文 烏梅能波奈 左伎知流波流能 奈我伎比乎 美礼杼母安加奴 伊蘇尓母安流香母
訓読 梅の花咲き散る春の長き日を見れども飽かぬ礒にもあるかも
かな うめのはな さきちるはるの ながきひを みれどもあかぬ いそにもあるかも
英語(ローマ字) UMENOHANA SAKICHIRUHARUNO NAGAKIHIWO MIREDOMOAKANU ISONIMOARUKAMO
梅の花が咲いて散っていく春の長い一日、ずっと見ていても飽きない。同時に向こうに見える磯の松も長寿を祝っているようで、やはり見飽きない。
左注 右一首大蔵大輔甘南備伊香真人
校異
用語 天平宝字2年2月、年紀、作者:甘南備伊香、植物、宴席、中臣清麻呂、宴席讃美
タイトルとURLをコピーしました