万葉集 第20巻 4501番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4501番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4501番歌

第20巻
歌番号 4501番歌
作者 大伴家持
題詞 (二月於式部大輔中臣清麻呂朝臣之宅宴歌十<五>首)
原文 夜知久佐能 波奈波宇都呂布 等伎波奈流 麻都能左要太乎 和礼波牟須婆奈
訓読 八千種の花は移ろふ常盤なる松のさ枝を我れは結ばな
かな やちくさの はなはうつろふ ときはなる まつのさえだを われはむすばな
英語(ローマ字) YACHIKUSANO HANAHAUTSUROFU TOKIHANARU MATSUNOSAEDAWO WAREHAMUSUBANA
さまざまの花は時と共に衰えていきますが、常緑の松の木の枝を結んで長寿を願いましょう。
左注 右一首右中辨大伴宿祢家持
校異
用語 天平宝字2年2月、年紀、作者:大伴家持、宴席、中臣清麻呂、寿歌、植物、永遠、主人讃美、予祝
タイトルとURLをコピーしました