万葉集 第20巻 4294番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4294番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4294番歌

第20巻
歌番号 4294番歌
作者 舎人親王
題詞 (幸行於山村之時歌二首) / 舎人親王應詔奉和歌一首
原文 安之比奇能 山尓由伎家牟 夜麻妣等能 情母之良受 山人夜多礼
訓読 あしひきの山に行きけむ山人の心も知らず山人や誰れ
かな あしひきの やまにゆきけむ やまびとの こころもしらず やまびとやたれ
英語(ローマ字) ASHIHIKINO YAMANIYUKIKEMU YAMABITONO KOKOROMOSHIRAZU YAMABITOYATARE
山にお行きになったら、山人が(土産を)くれたといいますが、どんなつもりなのでしょう。山人とはどなたのことでしょう。
左注 右天平勝寶五年五月在於大納言藤原朝臣之家時 依奏事而請問之間 少主鈴山田史土麻呂語少納言大伴宿祢家持曰 昔聞此言 即誦此歌也
校異
用語 天平勝宝5年5月、年紀、作者:舎人親王、伝誦、古歌、山田土麻呂、行幸、枕詞、奈良、神仙、大伴家持、藤原仲麻呂
タイトルとURLをコピーしました