万葉集 第20巻 4412番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4412番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4412番歌

第20巻
歌番号 4412番歌
作者 大伴家持
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)(陳防人悲別之情歌一首[并短歌])
原文 之麻可氣尓 和我布祢波弖C 都氣也良牟 都可比乎奈美也 古非都々由加牟
訓読 島蔭に我が船泊てて告げ遣らむ使を無みや恋ひつつ行かむ
かな しまかげに わがふねはてて つげやらむ つかひをなみや こひつつゆかむ
英語(ローマ字) SHIMAKAGENI WAGAFUNEHATETE TSUGEYARAMU TSUKAHIWONAMIYA KOHITSUTSUYUKAMU
島陰に私の船が停泊したが、海上ではここの様子を告げて故郷に知らせる使いは無く、このまま故郷に思いを馳せながら航海を続けることになろう。
左注 二月廿三日兵部少輔大伴宿祢家持
校異
用語 天平勝宝7年2月23日、年紀、作者:大伴家持、防人歌、望郷、同情、恋情
タイトルとURLをコピーしました