万葉集 第20巻 4411番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4411番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4411番歌

第20巻
歌番号 4411番歌
作者 大伴家持
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)(陳防人悲別之情歌一首[并短歌])
原文 伊弊都刀尓 可比曽比里弊流 波麻奈美波 伊也<之>久々々二 多可久与須礼騰
訓読 家づとに貝ぞ拾へる浜波はいやしくしくに高く寄すれど
かな いへづとに かひぞひりへる はまなみは いやしくしくに たかくよすれど
英語(ローマ字) IHEDUTONI KAHIZOHIRIHERU HAMANAMIHA IYASHIKUSHIKUNI TAKAKUYOSUREDO
故郷の家の手みやげにしようと思って貝を拾っている。その浜に波がしきりに、高く押し寄せてくるけれど。
左注 (二月廿三日兵部少輔大伴宿祢家持)
校異 之之 之 [西(訂正)][元][類][紀]
用語 天平勝宝7年2月23日、年紀、作者:大伴家持、防人歌、望郷、悲別、同情
タイトルとURLをコピーしました