万葉集 第20巻 4434番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4434番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4434番歌

第20巻
歌番号 4434番歌
作者 大伴家持
題詞 (三月三日檢校防人 勅使并兵部使人等同集飲宴作歌三首)
原文 比婆里安我流 波流弊等佐夜尓 奈理奴礼波 美夜古母美要受 可須美多奈妣久
訓読 ひばり上がる春へとさやになりぬれば都も見えず霞たなびく
かな ひばりあがる はるへとさやに なりぬれば みやこもみえず かすみたなびく
英語(ローマ字) HIBARIAGARU HARUHETOSAYANI NARINUREBA MIYAKOMOMIEZU KASUMITANABIKU
雲雀が上がるのを見るとすっかり春めいてきた。霞がたなびいて都の方が見えない。
左注 (右二首兵部使少輔大伴宿祢家持)
校異 婆 [元][類] 波
用語 天平勝宝7年3月3日、年紀、作者:大伴家持、動物、叙景、宴席、防人検校、大阪
タイトルとURLをコピーしました