万葉集 第20巻 4316番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4316番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4316番歌

第20巻
歌番号 4316番歌
作者 大伴家持
題詞
原文 多可麻刀能 宮乃須蘇未乃 努都可佐尓 伊麻左家流良武 乎美奈弊之波母
訓読 高圓の宮の裾廻の野づかさに今咲けるらむをみなへしはも
かな たかまとの みやのすそみの のづかさに いまさけるらむ をみなへしはも
英語(ローマ字) TAKAMATONO MIYANOSUSOMINO NODUKASANI IMASAKERURAMU WOMINAHESHIHAMO
高円の宮の麓の小高くなったあたりに、今を盛りと咲いているオミナエシの花。
左注 (右歌六首兵部少輔大伴宿祢家持獨憶秋野聊述拙懐作之)
校異
用語 天平勝宝6年、年紀、作者:大伴家持、独詠、高円、植物、地名、宮廷、奈良
タイトルとURLをコピーしました