万葉集 第20巻 4320番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4320番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4320番歌

第20巻
歌番号 4320番歌
作者 大伴家持
題詞
原文 麻須良男乃 欲妣多天思加婆 左乎之加能 牟奈和氣由加牟 安伎野波疑波良
訓読 大夫の呼び立てしかばさを鹿の胸別け行かむ秋野萩原
かな ますらをの よびたてしかば さをしかの むなわけゆかむ あきのはぎはら
英語(ローマ字) MASURAWONO YOBITATESHIKABA SAWOSHIKANO MUNAWAKEYUKAMU AKINOHAGIHARA
官人たちが呼び立てるので、牡鹿は胸で秋の野を萩を押し分けながら逃げていく。
左注 右歌六首兵部少輔大伴宿祢家持獨憶秋野聊述拙懐作之
校異
用語 天平勝宝6年、年紀、作者:大伴家持、独詠、高円、奈良、宮廷、動物、植物
タイトルとURLをコピーしました