万葉集 第20巻 4414番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4414番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4414番歌

第20巻
歌番号 4414番歌
作者 大伴部小歳
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)
原文 於保伎美乃 美己等可之古美 宇都久之氣 麻古我弖波奈利 之末豆多比由久
訓読 大君の命畏み愛しけ真子が手離り島伝ひ行く
かな おほきみの みことかしこみ うつくしけ まこがてはなり しまづたひゆく
英語(ローマ字) OHOKIMINO MIKOTOKASHIKOMI UTSUKUSHIKE MAKOGATEHANARI SHIMADUTAHIYUKU
大君の仰せを恐れ多いと思い、愛しいあの子の手を離し、島伝いに航行していく。
左注 右一首助丁秩父郡大伴部小歳 ( / 二月廿<九>日武蔵國部領防人使掾正六位上安曇宿祢三國進歌數廿首 但拙劣歌者不取載之)
校異
用語 天平勝宝7年2月29日、年紀、作者:大伴部小歳、防人歌、埼玉、安曇三國、悲別、羈旅
タイトルとURLをコピーしました