万葉集 第20巻 4430番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4430番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4430番歌

第20巻
歌番号 4430番歌
作者 作者不詳
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)
原文 阿良之乎乃 伊乎佐太波佐美 牟可比多知 可奈流麻之都美 伊O弖登阿我久流
訓読 荒し男のいをさ手挟み向ひ立ちかなるましづみ出でてと我が来る
かな あらしをの いをさたはさみ むかひたち かなるましづみ いでてとあがくる
英語(ローマ字) ARASHIWONO IWOSATAHASAMI MUKAHITACHI KANARUMASHIDUMI IDETETOAGAKURU
勇ましい男が持つという小矢を手挟んで出発の用意をし、妻があきらめて静まるのを待って旅だってやってきた、私は。
左注 (右八首昔<年>防人歌矣 主典刑部少録正七位上磐余伊美吉諸君抄寫 贈兵部少輔大伴宿祢家持)
校異
用語 天平勝宝7年2月、年紀、防人歌、古歌、伝誦、磐余諸君、序詞、出発、羈旅
タイトルとURLをコピーしました