万葉集 第20巻 4429番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4429番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4429番歌

第20巻
歌番号 4429番歌
作者 作者不詳
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)
原文 宇麻夜奈流 奈波多都古麻乃 於久流我弁 伊毛我伊比之乎 於岐弖可奈之毛
訓読 馬屋なる縄立つ駒の後るがへ妹が言ひしを置きて悲しも
かな うまやなる なはたつこまの おくるがへ いもがいひしを おきてかなしも
英語(ローマ字) UMAYANARU NAHATATSUKOMANO OKURUGAHE IMOGAIHISHIWO OKITEKANASHIMO
馬屋につないである馬の縄を切って、旅立ってきたが、後れるものかと言ってすがった妻を置いてきたのが悲しい。
左注 (右八首昔<年>防人歌矣 主典刑部少録正七位上磐余伊美吉諸君抄寫 贈兵部少輔大伴宿祢家持)
校異
用語 天平勝宝7年2月、年紀、防人歌、古歌、伝誦、悲別、恋情、磐余諸君
タイトルとURLをコピーしました