万葉集 第20巻 4512番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4512番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4512番歌

第20巻
歌番号 4512番歌
作者 大伴家持
題詞 (属目山齊作歌三首)
原文 伊氣美豆尓 可氣左倍見要C 佐伎尓保布 安之婢乃波奈乎 蘇弖尓古伎礼奈
訓読 池水に影さへ見えて咲きにほふ馬酔木の花を袖に扱入れな
かな いけみづに かげさへみえて さきにほふ あしびのはなを そでにこきれな
英語(ローマ字) IKEMIDUNI KAGESAHEMIETE SAKINIHOFU ASHIBINOHANAWO SODENIKOKIRENA
お庭の池面に姿を写して咲き誇っているアセビの花、この着物の袖にこじ入れてしまいたいな。
左注 右一首右中辨大伴宿祢家持
校異
用語 天平宝字2年、年紀、作者:大伴家持、宴席、中臣清麻呂、植物、庭園讃美、叙景、属目
タイトルとURLをコピーしました