万葉集 第20巻 4513番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4513番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4513番歌

第20巻
歌番号 4513番歌
作者 甘南備伊香
題詞 (属目山齊作歌三首)
原文 伊蘇可氣乃 美由流伊氣美豆 C流麻O尓 左家流安之婢乃 知良麻久乎思母
訓読 礒影の見ゆる池水照るまでに咲ける馬酔木の散らまく惜しも
かな いそかげの みゆるいけみづ てるまでに さけるあしびの ちらまくをしも
英語(ローマ字) ISOKAGENO MIYURUIKEMIDU TERUMADENI SAKERUASHIBINO CHIRAMAKUWOSHIMO
磯影の姿が池面に写って照り輝くほどアセビが咲いている。そのアセビの花が散るのが惜しい。
左注 右一首大蔵大輔甘南備伊香真人
校異
用語 天平宝字2年、年紀、作者:甘南備伊香、宴席、中臣清麻呂、植物、庭園讃美、属目
タイトルとURLをコピーしました