万葉集 第20巻 4514番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4514番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4514番歌

第20巻
歌番号 4514番歌
作者 大伴家持
題詞 二月十日於内相宅餞渤海大使小野田守朝臣等宴歌一首
原文 阿乎宇奈波良 加是奈美奈妣伎 由久左久佐 都々牟許等奈久 布祢波々夜家無
訓読 青海原風波靡き行くさ来さつつむことなく船は速けむ
かな あをうなはら かぜなみなびき ゆくさくさ つつむことなく ふねははやけむ
英語(ローマ字) AWOUNAHARA KAZENAMINABIKI YUKUSAKUSA TSUTSUMUKOTONAKU FUNEHAHAYAKEMU
青海原、風や波が凪いで、行きも帰りもつつがなく、船は速く進むでしょう。
左注 右一首右中辨大伴宿祢家持 [未誦之]
校異 歌 [西] 謌
用語 天平宝字2年2月10日、年紀、作者:大伴家持、藤原仲麻呂、未誦、小野田守、餞別、宴席、出発、羈旅、無事
タイトルとURLをコピーしました