万葉集 第20巻 4515番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4515番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4515番歌

第20巻
歌番号 4515番歌
作者 大伴家持
題詞 七月五日於<治>部少輔大原今城真人宅餞因幡守大伴宿祢家持宴歌一首
原文 秋風乃 須恵布伎奈婢久 波疑能花 登毛尓加射左受 安比加和可礼牟
訓読 秋風の末吹き靡く萩の花ともにかざさず相か別れむ
かな あきかぜの すゑふきなびく はぎのはな ともにかざさず あひかわかれむ
英語(ローマ字) AKIKAZENO SUゑFUKINABIKU HAGINOHANA TOMONIKAZASAZU AHIKAWAKAREMU
秋の風に葉先までなびかせて咲く萩の花、共にその萩の花をかざすことなく、相別れてゆくのだろうか。
左注 右一首大伴宿祢家持作之
校異 式 治 [西(朱訂正右書)][元][紀][細]
用語 天平宝字2年7月5日、年紀、作者:大伴家持、植物、大原今城、餞別、宴席、悲別
タイトルとURLをコピーしました