万葉集 第20巻 4496番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4496番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4496番歌

第20巻
歌番号 4496番歌
作者 大原今城
題詞 二月於式部大輔中臣清麻呂朝臣之宅宴歌十<五>首
原文 宇良賣之久 伎美波母安流加 夜度乃烏梅<能> 知利須具流麻O 美之米受安利家流
訓読 恨めしく君はもあるか宿の梅の散り過ぐるまで見しめずありける
かな うらめしく きみはもあるか やどのうめの ちりすぐるまで みしめずありける
英語(ローマ字) URAMESHIKU KIMIHAMOARUKA YADONOUMENO CHIRISUGURUMADE MISHIMEZUARIKERU
あなたは何と恨めしいことをなさるお方。家の庭園の梅が散りすぎるまで、見せて下さらないんですから。
左注 右一首治部少輔大原今城真人
校異 <> 五 [元] / 乃 能 [元][類][紀][細]
用語 天平宝字2年2月、年紀、作者:大原今城、宴席、中臣清麻呂、植物、怨恨
タイトルとURLをコピーしました