万葉集 第20巻 4497番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4497番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4497番歌

第20巻
歌番号 4497番歌
作者 中臣清麻呂
題詞 (二月於式部大輔中臣清麻呂朝臣之宅宴歌十<五>首)
原文 美牟等伊波婆 伊奈等伊波米也 宇梅乃波奈 知利須具流麻弖 伎美我伎麻左奴
訓読 見むと言はば否と言はめや梅の花散り過ぐるまで君が来まさぬ
かな みむといはば いなといはめや うめのはな ちりすぐるまで きみがきまさぬ
英語(ローマ字) MIMUTOIHABA INATOIHAMEYA UMENOHANA CHIRISUGURUMADE KIMIGAKIMASANU
見たいとおっしゃれば否と言う筈はありません。梅の花が散りすぎるまであなたが来なかっただけじゃありませんか。
左注 右一首主人中臣清麻呂朝臣
校異
用語 天平宝字2年2月、年紀、作者:中臣清麻呂、宴席、植物
タイトルとURLをコピーしました