万葉集 第20巻 4479番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4479番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4479番歌

第20巻
歌番号 4479番歌
作者 作者不詳
題詞 藤原夫人歌一首 [浄御原宮御宇天皇之夫人也 字曰氷上大刀自也]
原文 安佐欲比尓 祢能未之奈氣婆 夜伎多知能 刀其己呂毛安礼<波> 於母比加祢都毛
訓読 朝夕に音のみし泣けば焼き太刀の利心も我れは思ひかねつも
かな あさよひに ねのみしなけば やきたちの とごころもあれは おもひかねつも
英語(ローマ字) ASAYOHINI NENOMISHINAKEBA YAKITACHINO TOGOKOROMOAREHA OMOHIKANETSUMO
朝夕、声をあげて泣くばかりで、焼いた太刀のような強くしっかりした心など持てません。
左注 (右件四首傳讀兵部大丞大原今城)
校異 婆 波 [元][紀][細]
用語 作者:藤原氷上夫人、古歌、伝誦、大原今城、枕詞、恋情、相聞
タイトルとURLをコピーしました