万葉集 第20巻 4480番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4480番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4480番歌

第20巻
歌番号 4480番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 可之故伎也 安米乃美加度乎 可氣都礼婆 祢能未之奈加由 安佐欲比尓之弖 [作者未詳]
訓読 畏きや天の御門を懸けつれば音のみし泣かゆ朝夕にして [作者未詳]
かな かしこきや あめのみかどを かけつれば ねのみしなかゆ あさよひにして
英語(ローマ字) KASHIKOKIYA AMENOMIKADOWO KAKETSUREBA NENOMISHINAKAYU ASAYOHINISHITE
恐れ多くも、皇居の御門を心に思い浮かべると、声をあげて泣くばかり。朝も夕も。
左注 右件四首傳讀兵部大丞大原今城
校異
用語 伝誦、古歌、大原今城、悲嘆
タイトルとURLをコピーしました