万葉集 第20巻 4308番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4308番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4308番歌

第20巻
歌番号4308番歌
作者大伴家持
題詞(七夕歌八首)
原文波都乎婆奈 <々々>尓見牟登之 安麻乃可波 弊奈里尓家良之 年緒奈我久
訓読初尾花花に見むとし天の川へなりにけらし年の緒長く
かなはつをばな はなにみむとし あまのがは へなりにけらし としのをながく
英語(ローマ字)HATSUWOBANA HANANIMIMUTOSHI AMANOGAHA HENARINIKERASHI TOSHINOWONAGAKU
初めて延びるススキの穂。彼女はその尾花のように見える。天野川に隔てられているからだろうか。一年もの長い間。
左注(右大伴宿祢家持獨仰天海作之)
校異波名 々々 [元]
用語天平勝宝6年7月7日、年紀、作者:大伴家持、七夕、独詠、植物
タイトルとURLをコピーしました