万葉集 第20巻 4379番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4379番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4379番歌

第20巻
歌番号 4379番歌
作者 大舎人部祢麻呂
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)
原文 之良奈美乃 与曽流波麻倍尓 和可例奈波 伊刀毛須倍奈美 夜多妣蘇弖布流
訓読 白波の寄そる浜辺に別れなばいともすべなみ八度袖振る
かな しらなみの よそるはまへに わかれなば いともすべなみ やたびそでふる
英語(ローマ字) SHIRANAMINO YOSORUHAMAHENI WAKARENABA ITOMOSUBENAMI YATABISODEFURU
白波が打ち寄せてくる故郷のこの浜辺から離れていってしまえば、どうしようもなく、幾度も幾度も袖を振る。
左注 右一首足利郡上丁大舎人部祢麻呂 ( / 二月十四日下野國防人部領使正六位上田口朝臣大戸進歌數十八首 但拙劣歌者不取載之)
校異 波 [元] 婆
用語 天平勝宝7年2月14日、年紀、作者:大舎人部祢麻呂、防人歌、出発、別離、悲別、羈旅、栃木、田口大戸
タイトルとURLをコピーしました