万葉集 第20巻 4296番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4296番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4296番歌

第20巻
歌番号 4296番歌
作者 中臣清麻呂
題詞 (天平勝寶五年八月十二日二三大夫等各提壷酒 登高圓野聊述所心作歌三首)
原文 安麻久母尓 可里曽奈久奈流 多加麻刀能 波疑乃之多婆波 毛美知安倍牟可聞
訓読 天雲に雁ぞ鳴くなる高円の萩の下葉はもみちあへむかも
かな あまくもに かりぞなくなる たかまとの はぎのしたばは もみちあへむかも
英語(ローマ字) AMAKUMONI KARIZONAKUNARU TAKAMATONO HAGINOSHITABAHA MOMICHIAHEMUKAMO
天雲の彼方に雁が鳴く季節になった。ここ高円の萩の下葉は美しく紅葉に染まる暇があるだろうか。
左注 右一首左中辨中臣清麻呂朝臣
校異
用語 天平勝宝5年8月12日、年紀、作者:中臣清麻呂、宴席、奈良、高円、地名、植物、動物、叙景
タイトルとURLをコピーしました