万葉集 第20巻 4418番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4418番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4418番歌

第20巻
歌番号 4418番歌
作者 物部廣足
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)
原文 和我可度乃 可多夜麻都婆伎 麻己等奈礼 和我弖布礼奈々 都知尓於知母加毛
訓読 我が門の片山椿まこと汝れ我が手触れなな土に落ちもかも
かな わがかどの かたやまつばき まことなれ わがてふれなな つちにおちもかも
英語(ローマ字) WAGAKADONO KATAYAMATSUBAKI MAKOTONARE WAGATEFURENANA TSUCHINIOCHIMOKAMO
おいらの家のそばに咲く椿よ。あんたには手を付けないできた。けれどもこのまま旅立ってしまえば、他の男の手に落ちてしまうかも。
左注 右一首荏原郡上丁物部廣足 ( / 二月廿<九>日武蔵國部領防人使掾正六位上安曇宿祢三國進歌數廿首 但拙劣歌者不取載之)
校異
用語 天平勝宝7年2月29日、年紀、作者:物部廣足、防人歌、植物、恋情、埼玉、安曇三國
タイトルとURLをコピーしました