万葉集 第20巻 4419番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4419番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4419番歌

第20巻
歌番号 4419番歌
作者 物部真根
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)
原文 伊波呂尓波 安之布多氣騰母 須美与氣乎 都久之尓伊多里弖 古布志氣毛波母
訓読 家ろには葦火焚けども住みよけを筑紫に至りて恋しけ思はも
かな いはろには あしふたけども すみよけを つくしにいたりて こふしけもはも
英語(ローマ字) IHARONIHA ASHIFUTAKEDOMO SUMIYOKEWO TSUKUSHINIITARITE KOFUSHIKEMOHAMO
家では葦火(あしび)を焚いて暖を取る貧しい家庭だったが、住みよい生活だった。九州の筑紫に行ったら、家が恋しく思われるだろうか。
左注 右一首橘樹郡上丁物部真根 ( / 二月廿<九>日武蔵國部領防人使掾正六位上安曇宿祢三國進歌數廿首 但拙劣歌者不取載之)
校異
用語 天平勝宝7年2月29日、年紀、作者:物部真根、防人歌、埼玉、安曇三國、望郷、恋情、地名
タイトルとURLをコピーしました