万葉集 第20巻 4420番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4420番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4420番歌

第20巻
歌番号 4420番歌
作者 椋椅部弟女
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)
原文 久佐麻久良 多妣乃麻流祢乃 比毛多要婆 安我弖等都氣呂 許礼乃波流母志
訓読 草枕旅の丸寝の紐絶えば我が手と付けろこれの針持し
かな くさまくら たびのまるねの ひもたえば あがてとつけろ これのはるもし
英語(ローマ字) KUSAMAKURA TABINOMARUNENO HIMOTAEBA AGATETOTSUKERO KORENOHARUMOSHI
旅のごろ寝で着物の紐が切れたなら、私の手が縫うと思ってこの針をもって付けて下さい。
左注 右一首椋<椅>部弟女 ( / 二月廿<九>日武蔵國部領防人使掾正六位上安曇宿祢三國進歌數廿首 但拙劣歌者不取載之)
校異 埼 椅 [類][紀][古]
用語 天平勝宝7年2月29日、年紀、作者:椋椅部弟女、防人歌、埼玉、安曇三國、枕詞、女歌、恋情
タイトルとURLをコピーしました