万葉集 第20巻 4416番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4416番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4416番歌

第20巻
歌番号 4416番歌
作者 妻椋椅部刀自賣
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)
原文 久佐麻久良 多比由苦世奈我 麻流祢世婆 伊波奈流和礼波 比毛等加受祢牟
訓読 草枕旅行く背なが丸寝せば家なる我れは紐解かず寝む
かな くさまくら たびゆくせなが まるねせば いはなるわれは ひもとかずねむ
英語(ローマ字) KUSAMAKURA TABIYUKUSENAGA MARUNESEBA IHANARUWAREHA HIMOTOKAZUNEMU
旅行くあなたが着物をきたままごろ寝するのですもの。家にいる私だって紐を解かないでそのまま寝ましょう。
左注 右一首妻椋椅部刀自賣 ( / 二月廿<九>日武蔵國部領防人使掾正六位上安曇宿祢三國進歌數廿首 但拙劣歌者不取載之)
校異
用語 天平勝宝7年2月29日、年紀、作者:妻椋椅部刀自賣、防人歌、枕詞、女歌、留守、恋情、埼玉、安曇三國
タイトルとURLをコピーしました